NEWS

新商品「マルフィ ・オリジナーレ」のご紹介

チャオ!from Malfy♪

マルフィ ・ジン・シリーズの新しいフレーバーとして「マルフィ ・オリジナーレ」が登場しました。

ジン発祥の地・イタリアで遥か11世紀の昔、アマルフィの修道士によって造り出された伝説のスピリッツへのトリビュート。イタリア産ジュニパーなど5種のボタニカルと世界遺産モンテ・ヴィーソの湧き水から生まれたレジェンド級の飲み心地「マルフィ・オリジナーレ」。

ジンの歴史はとても古く、その発祥についても諸説あります。しかし現在では、11世紀頃にイタリア・サレルノ地方の修道士が作っていた「草根木皮を主体としたスピリッツ」がジンの発祥という説が有力と言われています。昨今ジンの主な産地としてはイギリスやオランダが有名ですが、歴史を辿ればジンの起源はイタリアにあったのです。マルフィの新しい顔は、イタリア=ジン発祥の地、という伝統に敬意を表し「マルフィ ・オリジナーレ」と名付けられ、またMALFY全てのベースとなっている。

マルフィ を製造する蒸留所「トリノ蒸留所」の歴史もまた古く、創業は100年以上も昔の1906年になります。蒸留所が位置するのはイタリア北西部、トリノ県モンカリエリという上質なイタリア・ワインやスピリッツの産地としても名高い地域です。トリノ蒸留所の創業者・ベルガノ一族(カルロ・ベルガノ、妻のピエラ、娘のリタ、息子のヴォルター)はこの地で100年以上も蒸留所を守り伝統を受け継いできました。そこへ味わいの要となる蒸留の工程を手がける蒸留家、ペッペ・ロンコとデニス・ムーニが加わり、最高のチームでジンのマルフィ の製造を行なっています。

トリノ蒸留所の創業者カルロ・ベルガノと蒸留家のベッペ・ロンコは熱心な登山家でもあります。フランスとイタリアの国境にそびえ立つフレンチ・アルプス最高峰のモンテ・ヴィーゾ山には何度となく登ったという二人。生物圏保護区としてユネスコ世界遺産にも登録される美しい自然を有する秀峰として名高いこの山は、彼らの働く蒸留所からも望むことができます。山頂へ続く登山道には、野生のジュニパーベリーなどが生息するほか、多彩な表情を見せる山間の湖などが楽しめる。イタリアで最も長い川である「ポー川」の源流があるのもここモンテ・ヴィーゾで、採水地としてはイタリア国内で最高の標高にあります。登山の途中で出会う風光明媚な情景と豊富な自然の恵みが彼等のジン造りにおける感性に多大なインスピレーションを与えたことは言うまでもありません。マルフィ ・オリジナーレのボトルベースはモンテ・ヴィーゾの山間の湖を、ラベルは雪に覆われた山頂をイメージしています。

イタリア生まれ、レジェンド級の飲み心地!マルフィ ・オリジナーレで完璧なマルフィ ー・モーメントを味わって!